FC2ブログ

妄想と閃きと霊感で書く日記

妄想と閃きと霊感で書く日記

Entries

資本主義の限界

occupy-wall-street-rich-homes.jpg


アメリカでは連日、裕福層の富の独占に反発してデモが行われている。

数年前はティーパーティー運動と呼ばれる小さな政府を主張し、新自由主義を推進する運動が行われてきていたので

ここに来てアメリカ人の主流の考えが一変してきたと言っても良いだろう。

ある意味、資本主義の幻想が打ち砕かれ始めた象徴的な出来事になっている。

私は、資本主義経済自体が欠陥システムだからこうなる事は当然の成り行きだと考えている。

例えば、田舎の商店街がイオンに駆逐されたように自由競争によって効率の良く商売する企業だけが生き残って、

徐々に世界の富が一部の者に集中していき、残りは低賃金で雇われる貧困層に転落する。

国も税収の減少と財政支出の増大に伴い、財政赤字を膨らませていく。

消費できる中流層がいなくなり経済の循環も乱れ始め、長期的な不況が発生する。

末期になると貧困層の不満が爆発し資本主義のシステムは崩壊してしまうだろう。

資本主義の末期が誰の目にも見えてきた今日この頃であるが、

日本の官民共同体は、未だに新自由主義経済を推進するTPPに参加する移行で話を進めている訳だが、

顛末がどうなるかはもう分かるだろう。
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://sirius888.blog36.fc2.com/tb.php/57-93676716

左サイドMenu

プロフィール

Lotus

Author:Lotus

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード